2012年4月以後、全額損金で告知のみで加入できる法人保険はありますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

2012年4月以後、全額損金で告知のみで加入できる法人保険はありますか?

節税保険導入事例,節税

原則、告知のみで加入できる全額損金(解約返戻金が高く設定できる)商品はございません。健康診査や健康診断書の提出が必要になります。

 2012年4月27日に健康診断不要(書面告知のみ)で加入可能な全額損金の法人がん保険が税制改正となりました。法人がん保険が税制改正となった2012年4月以後、支払った保険料が全額損金となり、かつ解約時に解約返戻金が期待できる商品としては、無配当定期保険生活障害定期保険(※1)が挙げられます。これらの保険商品は法人向けのがん保険ほどに高い解約返戻率を設定することができませんが、新しい全額損金の商品としてこれからの商品開発に期待がかかります。

(※1)生活障害定期保険に関しては、商品専用の税務ルールは存在せず、105歳ルールという保険独特の税務を“応用して”全額損金としています。

 新しい全額損金の保険商品として活用されるこれらの保険ですが、高額な死亡保障を設定する場合、原則、書面告知のみでのご加入はできません。保険会社指定の健康診査を受けない場合、一定期限内の健康診断書の提出(+書面による告知)でご加入手続きに入ることができます。保険会社によっては、保険金額を小さく設定することで書面告知のみで入れる場合がございます。

 ご加入いただく被保険者(保険の対象者)様のご年齢に応じて健康診査の内容も異なりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号