1人(一人)医師医療法人について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

1人(一人)医師医療法人について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

1人(一人)医師医療法人について教えて下さい。

 昭和60年12月の医療法の改正によって、医療法人の設立要件から「常勤の医師3人以上」という制限がなくなり、医師が1人でも医療法人の設立が可能になりました。この医師1人で設立された医療法人が「1人医師医療法人」と呼ばれます。

 1人医師医療法人が実際に設立できるようになったのは、昭和61年10月かだですが、当初はあまり設立が進みませんでした。それが昭和63年の暮れごろから急ピッチで設立が進み、平成元年中の認可件数は5,000件を超えました。この背景には、昭和63年12月の税制改正により、医師の社会保険診療報酬の概算経費率が5,000万円以上には適用されなくなったことが大きく影響しています。

 その後、平成4年度税制改正の「みなし法人課税制度」の廃止、法人税率の相次ぐ引き下げ、そして平成19年4月からの改正医療法の施行を前に設立ブームを迎えたといわれています。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。