雇用促進税制の創設とは?|平成23年度税制改正

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

雇用促進税制の創設とは?|平成23年度税制改正

節税保険導入事例,節税

雇用促進税制の創設については以下の通りです。

 平成23年4月1日から同26年3月31日までの間に開始する各事業年度において、従業員を増やした企業に対し、その増加人数に応じて法人税などが減税される制度が創設されます。減税を受けるには、事業年度中に雇用保険一般被保険者が全事業年度末に比べて10%以上かつ5人以上(中小企業者等は2人以上)増加したこと等の用件を満たす必要があります。企業は、公共小公卿安定所に「雇用促進計画」を提供し、雇用が確認されれば、増やした雇用保険一般被保険者1人当たり20万円(上限額は法人税の10%、中小企業者等は20%)が法人税額から控除できます(所得税についても同様)。法人住民税についても同様です。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。