長期平準定期保険の死亡保障は、どんな病気でも対象となりますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

長期平準定期保険の死亡保障は、どんな病気でも対象となりますか?

節税保険導入事例,節税

原則としてどんな病気でも死亡保障の対象となります。

 法人の退職金準備によく活用されるのが逓増定期保険長期平準定期保険です。特に長期平準定期保険は、細かい名前やペットネーム(保険会社が商品をわかりやすくするためにつけるニックネーム)は違えども、法人保険を販売する、ほとんど全ての保険会社から販売されております。提案されることや、導入される機会も非常に多いのではないでしょうか?

 長期平準定期保険はシンプルな死亡保障がついている場合がほとんどですが、この死亡保障は、原則としてどんな病気でも対象となります。節税対策だけでなく、万一の死亡リスクに対しても心強い保険と言えます。ただし、下記のような場合は、保険金の支払い対象外(専門用語で免責事由と表現したりします)となりますので注意が必要です。

保険金の支払い対象外となる事例


  • 責任開始期の属する日からその日を含めて3年以内の自殺(期間は保険会社によって異なります)
  • 保険契約者または死亡保険金受取人の故意による致死
  • 保険契約者または被保険者の故意により、被保険者が、高度障害状態になったとき
  • 被保険者の薬物依存
  • 保険契約者
  • 被保険者の故意または重大な過失
  • 被保険者の犯罪行為
  • 被保険者の精神障害を原因とする事故
  • 被保険者の泥酔の状態を原因とする事故
  • 被保険者が法令に定める運転資格を持たないで運転している間に生じた事故
  • 被保険者が法令に定める酒気帯び運転またはこれに相当する運転をしている間に生じた事故
  • 地震、噴火、または津波
  • 戦争その他の変乱
  • 頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)または腰痛でいずれも他覚所見のないもの

…etc

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。