長期平準定期保険について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

長期平準定期保険について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

長期平準定期保険については以下の通りです。

 ①長期平準定期保険は、一定の要件を満たす長期の定期保険です。②死亡保険金の受取人を法人とする法人契約については、定期保険ではありますが、保険解約期間が長期であるため支払保険料に前払保険料が相当部分含まれていること、そして、解約した場合の解約返戻金が相当額になることから、一般の定期保険とは異なる法人税の取り扱いを行います。③死亡保険金の受取人を被保険者(役員・従業員等)の遺族とする法人契約については、一般の定期保険と同様の取り扱いです。

1.長期平準定期保険とは

 保険期間満了時の被保険者の年齢が70歳を超え、かつ、保険加入時の被保険者の年齢に保険期間の2倍の数を加えた数が105を超える定期保険(「逓増定期保険」に該当するものを除く)を、長期平準定期保険といいます。

 保険期間満了時の年齢>70歳
 保険加入時の年齢+保険期間×2>105

2.長期平準定期保険の保険料の税務取り扱い

A.契約形態
 契約者:法人 被保険者:役員・従業員等 死亡保険金受取人:法人

B.経理処理
 保険期間が長期であるにもかかわらず毎年の保険料が平準化されていることから、前半部分の保険料の相当部分が前払保険料となります。そのため、保険期間の前半6割の期間においては、支払保険料の1/2を資産計上(前払保険料)・1/2を損金とし、後半4割の期間では支払保険料を全額損金とするとともに、前払保険料を取り崩していきます。具体的仕訳は逓増定期保険と同様です。配当金・死亡保険金・解約返戻金の取り扱いも逓増定期保険と同様です。

※死亡保険金の受取人を被保険者(役員・従業員等、特定の者のみ)の遺族とする長期平準定期保険は、保険料の全額が給与となります。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。