逓増定期保険を半分だけ解約することはできますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

逓増定期保険を半分だけ解約することはできますか?

節税保険導入事例,節税

半分だけ解約することができます。部分解約(保険金額の減額)処理を行います。

 よくあるご質問「リスクを減らすために、保険加入は細かく契約を分けた方がよいですか?」の中でもご紹介しておりますが、たいていの法人向け保険商品には、部分解約(保険金額の減額)とよばれる機能がついており、契約の途中で死亡保障額を減らすことにより、保険を必要な分だけ部分的に解約していくことができます。保険契約はもともと一つの大きな塊ではなく、小さな契約が複数組合わさっていることをイメージして頂ければとご理解頂きやすいかと思います。

 現在契約中の逓増定期保険も、

  • 次回以降の保険料負担を少なくしたい
  • 一定額の解約返戻金を引き出したい
 などの場合には、必要な金額分を解約することができます。次回以降に希望する保険料(いくらまで下げて支払いを続けるのか?)や引き出したい解約返戻金額を指定することで、お客様のご要望に可能な限り近い形で、部分解約(保険金額の減額)処理を行うことができます。もちろん半分だけ解約することも可能です。

 部分解約(保険金額の減額)処理を行った場合、手続きのタイミングでみた解約返戻率がそのまま部分解約分に適用されます。低解約返戻金特則(ていかいやくへんれいきんとくそく=契約当初の解約返戻率を低く抑えることにより保険料を割り引くオプション)などを利用して、解約返戻率がまだ低い状態の場合は、払い戻しをほとんど受けることができない可能性もありますので注意が必要です。

 ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。