逓増定期保険の高額割引(ボリュームメリット)について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

逓増定期保険の高額割引(ボリュームメリット)について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

逓増定期保険は保険料を抑えて加入すると保険料の割引効果(ボリュームメリット)が少なくなると聞きました。本当ですか?具体的にはいくら位からボリュームメリットがあるのでしょうか?逓増定期保険の高額割引(ボリュームメリット)について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

逓増定期保険は、保険金額によって高額割引制度(ボリュームメリット)があります

逓増定期保険を始めとする、ほとんど全ての法人保険では、高額な保障額(保険料額)を設定することで、割引制度(ボリュームメリット)を受けることができます。保険会社では、高額割引制度とも呼ばれている仕組みです。

 保険料が100万円よりも500万円、500万円よりも1,000万円、1,000万円よりも2,000万円といった具合に、設定保険料や保障額が高額になればなるほど、保険料の割引が適用になり、結果として解約返戻率が上がるようになっています。

 逓増定期保険を販売する保険会社の中には、保険金額によって大きく解約返戻率が変わる(保険料が割高になる)会社とそうでない会社があります。大きく解約返戻率が変わる理由は、この高額割引制度にあります。例えば保障額3,000万円、5,000万円、7,000万円、10,000万円といった具合に割引率が変化する保障額が設定されている場合、保障額6,900万円と7,000万円には、保険料以上に解約返戻率において大きな差が生じる場合がございます。

 より有利な条件で契約するために保険担当者に聞いてみてはいかがでしょうか?

高額割引制度が適用になる保険料額(保障額)は、保険会社によって様々ですので、ご契約中の保険やご提案を頂いている保険会社に確認をする必要があります。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合わせ・ご相談を頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。