逓増定期保険の税務/経理(会計)処理、支払保険料の仕訳例を教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

逓増定期保険の税務/経理(会計)処理、支払保険料の仕訳例を教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

支払保険料の経理処理(契約者・死亡保険金受取人が法人の場合)は以下の通りです。

 法人税基本通達9-3-5、同2-2-14、昭和62年6月16日付直法2-2(平成8年7月4日付課法2-3、平成20年2月28日課法2-3課審5-18により改正)により、逓増定期保険の保険料は以下のように経理処理します。

支払保険料の仕訳例

支払保険料の仕訳例(※1)
例:年間保険料 5,939,800円の逓増定期保険における年間保険料支払時

借方 貸方
定期保険料 2,969,900円
前払保険料 2,969,900円
現金・預金 5,939,800円
  1. 保険期間45歳満了のご契約の場合。保険料は期間の経過に応じて全額を損金の額に算入します。
  2. 保険期間70歳~82歳満了のご契約の場合。保険料は期間の経過に応じて下記のとおり取り扱います。
    1. 保険期間の前半6割の期間(前払期間)。支払保険料の2分の1に相当する金額を資産に計上し、残額を損金の額に算入します。
    2. 保険期間の後半4割の期間(前払期間経過後)。各年の支払保険料の額を損金の額に算入するとともに、aにより資産に計上した前払金等の累計額を、その後半4割の期間で均等に按分して取り崩して損金の額に算入します。

※一般的な逓増定期保険の法人加入は2のケースがほとんどです。これが逓増定期保険における支払い保険料の半分が損金になると言われる所以です。

保険料支払時(前払期間)

借方 貸方
定期保険料 ※※※円
(前払保険料) ※※※円
現金・預金   ※※※円 

保険料支払時(前払期間経過後)

借方 貸方
定期保険料 ※※※円 現金・預金   ※※※円
(前払保険料) ※※※円

注)保険期間の前半6割の期間に1年未満の端数がある場合、その端数は切り捨てます。

死亡保険金受取時の仕訳例

死亡保険金受取時

借方 貸方
現金・預金 ※※※円 雑収入     ※※※円 
(前払保険料) ※※※円

解約時の仕訳例

解約時の仕訳例

借方 貸方
現金・預金 ※※※円 雑収入     ※※※円 
(前払保険料) ※※※円

払済終身保険への変更時の仕訳例

払済終身保険への変更時

借方 貸方
保険料積立金 ※※※円 雑収入     ※※※円 
(前払保険料) ※※※円
  1. 支払保険料の全額を損金処理できる場合は、「前払保険料」の項目は必要ありません。
  2. 支払保険料の全額を損金処理している場合は、受け取った死亡保険金または解約返戻金の金額を益金に算入します。支払保険料の一部を前払保険料として資産に計上している場合は、その額を取り崩し、死亡保険金または解約返戻金との差額を雑収入もしくは雑損失として処理します。
  3. 支払保険料の全額を損金処理している場合は、払済終身保険への変更時点の解約返戻金の全額を保険料積立金として処理します。支払保険料の一部を前払保険料として資産に計上している場合は、払済終身保険への変更時点の解約返戻金の全額を保険料積立金として資産に計上するとともに、資産に計上されていた前払保険料の全額を取り崩し、差額を雑収入または雑損失として処理します。

※保険料の経理処理は年単位の簡易計算を行っています。したがって、保険料の払込によっては、決算月・契約月等により損金に計上すべき金額が相違する場合がありますのでご注意下さい。
※個々の契約に関わる税務処理および個別の取扱いの詳細については、税務署や税理士など、専門家にご確認ください。
※将来税制が変更となる場合がありますのでご注意ください。

o0726006812763795367 逓増定期保険

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。