退職金原資として解約返戻金の払い戻しを受ける場合、いつまでに解約手続きを行う必要がありますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

退職金原資として解約返戻金の払い戻しを受ける場合、いつまでに解約手続きを行う必要がありますか?

節税保険導入事例,節税

いろいろお世話になっております。さて私は8月末をもって現在の会社を退任することとしました。そこで保険の解約についてご相談させていただきます。退職金の支払いが8月28日であるため遅くとも8月27日には解約金が振り込まれている必要があります。各保険はいつまでに解約する必要があるかお教え願います。新社長の方針でまた新たな保険を契約する場合もあるかと思います。その節はよろしくお願いいたします。

節税保険導入事例,節税

8月21日頃までに不備なく解約請求書類が保険会社に到着することで、余裕をもって解約返戻金の払い戻しを受けることができます。

 経営者や従業員の退職金積み立てによく活用されるのが解約返戻金の高い、退職金積み立て用の法人保険です。ご質問をいただきました件、各保険会社に確認をとりました。

 退職金の原資として8月27日までに解約返戻金が全額払い戻しになるためには、営業日との兼ね合いもありますが、逆算しておおよそ1週間前の21日頃までに不備なく解約請求書類(手続書類)を保険会社に到着させる必要があります。この場合、余裕をもって27日までに解約返戻金が払い戻されます。なお、書類は各保険代理店や保険担当者・保険会社に依頼することで翌日、もしくは当日発送されます。ご参考にして頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。