貸借対照表について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

貸借対照表について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

貸借対照表については以下の通りです。

 企業の財政状態を表示したものが貸借対照表です。企業のもっているいろいろの財産(これを資産とよびます。)は大別して2つの方法で調達されます。一つは他人から借り入れた資金(他人資本)といま一つは出資者(株主)の出資した資金(自己資本)です。したがって、資産は他人資本つまり負債と、自己資本つまり資本の合計に等しいわけなので、次の関係が成り立ちます。

 資産=負債+資本

 貸借対照表では、資産は左側に(「かりかた」とよびます。)、負債と資本が右側に(「かしかた」とよびます。)記載する約束になっています。

 貸借対照表は作成日現在における企業財政状態をあらわす表です。左側に資産を書き込み、資産状態が示されます。右側には資産の資金調達源泉が示されます。すなわち、負債は社外からの資金であり、資本は社内のもの(株主)が出資した資金となります。したがって、資産と負債・資本の額は一致しなければなりません。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。