譲渡損益の計上時期について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

譲渡損益の計上時期について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

譲渡損益の計上時期については以下の通りです。

1.譲渡損益の計上時期の原則は約定日基準

 有価証券の譲渡損益は原則として譲渡に係る契約をした日(約定日)に計上し、約定日の属する事業年度の所得の計算上、益金の額又は損金の額に算入します。

2.譲渡損益の計上時期の例外としての引渡日基準

 次のような場合は約定日基準によらず、有価証券を引き渡した日に譲渡したとして取り扱う引渡日基準により譲渡損益を計上することができます。

  1. 売買目的有価証券、満期保有目的等有価証券、その他有価証券の区分ごとに
  2. 譲渡および取得のいずれについても、引渡し日に計上する経理処理を
  3. 継続適用している

 ただし、この要件を満たしたとしても、事業年度終了の日において未引渡しとなっている有価証券に係る譲渡損益については、原則通り約定日に認識しなければなりません。なお、会計上では原則として税務上と同様「約定日基準」により有価証券の譲渡損益を計上しますが、継続適用を条件として「修正受渡費日基準(保有目的区分ごとに、買手は約定日から受渡日までの時価の変動のみを認識し、売手は売却損益のみを約定日に認識する方法)」によることもできます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。