航空機等オペレーティングリースの税務上の取り扱いについて教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

航空機等オペレーティングリースの税務上の取り扱いについて教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

航空機等オペレーティングリースの税務上の取り扱いについては以下の通りです。

 ①税務上、出資者は、組合から生ずる損益を分配割合に応じて取り込みます。任意組合の場合には、総額法、中間法、純額法のいずれかにより、匿名組合の場合には、純額法により損益を取り込みます。②出資者が特定組合員に該当し、かつ、出資額以上の損失を負担しないこととされている場合、出資者が取り込む組合損益のうち、出資額を超える部分の損失は損金の額に算入されません。

航空機等オペレーティングリース、任意組合の場合の税務取り扱い

1.航空機等オペレーティングリース、任意組合の場合の課税概要

 任意組合の組合財産は、組合員の共有とされるため、組合事業から生ずる利益または損失は、任意組合では課税されず、各組合に直接帰属します(パススルー課税)。したがって、組合員は、組合損益のうち分配割合に応じた損益を取り込むことになります。損益の取り込み方法は、以下の3つの方法があり、経理処理によって引当金の繰入等、税務上の取り扱いが異なります。

①総額法
 組合事業の収入金額、支出金額、資産、負債等をその分配割合に応じて認識する方法
②中間法
 組合事業の収入金額、それに係る原価の額および費用の額並びに損失の額をその分配割合に応じて認識する方法
③純額法
 組合事業につき算定される利益の額または損失の額をその分配割合に応じて認識する方法


持分の取り込み 税法規定の適用
BS項目 PL項目

受取配当等の

益金不算入

所得税額控除

引当金繰入、

準備金積立

総額法 総額 総額
中間法 純額 総額 ×
純額法 純額 純額 × × ×

2.航空機等オペレーティングリース、任意組合の場合の損益帰属時期

 任意組合の組合員である法人は、原則として、その法人の各事業年度に対応する期間の組合の損益を取り込む必要があります。ただし、任意組合が組合に係る損益を毎年1回以上一定の時期において計算し、かつ、法人への個々の損益の帰属がその損益発生後1年以内である場合には、組合のその計算期間における損益をその計算期間終了の日の属する事業年度において取り込むことができます。

3.航空機等オペレーティングリース、任意組合の場合の消費税

 各組合員が、それぞれ組合事業に係る資産の譲渡等または課税仕入れ等を行ったものとし、課税売上、課税仕入を分配割合に応じて取り込みます。

航空機等オペレーティングリース、匿名組合の場合の税務取り扱い

1.航空機等オペレーティングリース、匿名組合の場合の課税概要

 匿名組合の損益は、営業者に帰属しますが、税務上は、匿名組合の利益または損失の額は営業者および出資者の所得として課税されることとなります(パススルー課税)。そのため、営業者は匿名組合員に分配する利益を損金にすることができ、逆に組合員は分配を受けた利益を益金にすることとなります。匿名組合の組合員は、分配を受けた損益を純額法により取り込みます。

2.航空機等オペレーティングリース、匿名組合の場合の損益帰属時期

 匿名組合の組合員である法人は、現実に利益の分配や損失の負担をしていない場合であっても、その分配を受けるべきまたは負担すべき部分の金額を、組合の計算期間末日の属する事業年度の益金または損金の額に算入します。

3.航空機等オペレーティングリース、匿名組合の場合の消費税

 組合事業に係る資産の譲渡等または課税仕入れ等は、営業者に帰属するため、組合員が課税売上、課税仕入を取り込むことはありません。

航空機等オペレーティングリース、組合損失超過額の損金不算入

 任意組合または匿名組合の出資者が、特定組合員(組合事業に係る重要業務の執行の決定に関与し、かつ、重要執行部分を自ら執行する組合員等以外の組合員)に該当し、かつ、組合債務を弁済する責任の限度が実質的に組合財産の価額とされている場合等には、組合の損失額のうち調整出資等金額(※)を超える場合のその超える部分の金額(その組合事業が実質的に欠損とならないと見込まれる場合は、その組合の損失額。以下、「組合損失超過額」といいます)は、損金の額に算入されません。

 匿名組合の組合員は、通常組合事業の業務執行を行うことが禁じられ、また、出資額を限度とする有限責任と考えられますので、この損金算入制限を受けることになります。なお、組合損失超過額が生じた事業年度から連続して確定申告書の提出がされている場合には、各事業年度において生じた組合損失超過額の合計額をその後の事業年度に生じた組合利益に充当することができます。

※調整出資等金額
  出資の累計額+前期までに取り込んだ組合損益の累計額-分配を受けた財産の累計額

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。