経営者の変更があります。契約は解除(解約)する必要がありますか? 契約しているのは逓増定期保険です。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

経営者の変更があります。契約は解除(解約)する必要がありますか? 契約しているのは逓増定期保険です。

節税保険導入事例,節税

保険は被保険者を変更することはできません。経営者がその後も会長職など一定の役職として残るケースを除き、退職する場合や序列の優先に反する場合、保険は解約する必要があります。

 当たり前ですが、保険は契約途中で被保険者(保険の対象者)を変更することはできません。経営者が変更となり、その経営者が会社を離れる場合は退職者と同様の扱いで保険契約を解約(もしくは退職金として現物支給)する必要があります。法人契約のまま保険契約を継続することはできません。一方で、経営者変更後も元経営者が会長職など一定の役職として残る場合は保険契約を継続できる可能性があります。ただし、この場合も序列の優先に注意する必要があります。

 “より偉い方により大きな保障がついているべき”というのが税務署の自然な考え方であり、これを序列の優先と言います。経営者が変更になれば、当然、新しい経営者が序列として一番上になるのが自然です。

 この場合、例えば新しい経営者が新規加入で元経営者よりも大きな保障の保険商品に加入すれば序列の優先を守ることができます。また、序列の優先を守れない場合でも、健康状態の理由で序列の上位者が保険に加入できないことや、引き続き元経営者が会社への貢献度が高い状態が続く場合など、合理的な理由を説明することができれば、税務的にも有効に保険契約を継続することができます。

 補足ですが、ご質問をいただきました逓増定期保険という保険商品は、そもそも役員に万一のことがあった際の会社のリスクを補てんする“役員”保険です 。役員から外れて社員として籍を残す場合、一般的な社員が高額な保障に加入していることを否認されてしまうケースがありますので注意が必要です。たいへんデリケートな問題ですので、顧問税理士や保険担当者によく確認をとり、契約継続の有無を決定されることをおすすめいたします。また何かご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。