終身保険で節税対策を考えています。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

終身保険で節税対策を考えています。

節税保険導入事例,節税

一般的な終身保険は支払った保険料は全額資産計上となり、損金(経費)を作って節税をしていくことはできません

 一般的な終身保険は支払った保険料は全額資産計上となり、損金(経費)を作って節税対策をしていくことはできません。終身保険の中にも法人向けがん保険のように支払った保険料の一定額が損金になる保険商品もありますので、そういった商品を活用していくことをおすすめいたします。

 逓増定期保険長期平準定期保険といった保険はその名の通り、“定期”保険ですので、保険期間(保障が続く期間)に定めがあります。保険の始まりがあって、終わりがあるですから、最後は保障も解約返戻金もゼロ円になってしまいます。最終的に何もなくなってしまう=資産性がない。という点から支払った保険料のうち一定額を損金(経費)に算入することが認められています。

 一方で、終身保険はその名のとおり、基本的には死ぬまで半永久的に保障が続きます。法人契約の場合、契約者(もしくはその遺族は)必ず保険金や解約返戻金を受け取ることができます。最終的に何らかの経済的利益がある=資産性がある。という点から支払った保険料は全額資産計上となり、損金(経費)を作って節税対策をしていくということはできません。

 繰り返しになりますが、終身保険の中にも法人向けのがん終身保険のように節税対策に活用できる商品がございます。まずはお気軽にご相談をいただければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。