終身がん保険の告知義務違反(正しく告知されなかった場合)について教えて下さい

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

終身がん保険の告知義務違反(正しく告知されなかった場合)について教えて下さい

節税保険導入事例,節税

告知義務違反(正しく告知されなかった場合)については以下の通りです。

 お客様に告知いただく内容は、告知書に記載してあります。もし、これらの告知に関して、故意または重大な過失によって事実が告知されなかったり、事実と違うことを告知された場合、保険期間の始期(復活の場合は最終の復活日)から2年以内であれば、保険会社は「告知義務違反」としてご契約を解除する場合があります。なおこの期間は保険会社や保険商品によって異なる場合があります。

 保険期間の始期(復活の場合は最終の復活日)から2年を経過していても、保険金等のお支払事由等が2年以内に発生していた場合には、保険会社はご契約を解除することがあります。なおこの期間は保険会社や保険商品によって異なる場合があります。

 告知にあたり、生命保険募集人が、告知することを妨げた場合や告知をしないことや事実でないことを告げることを勧めた場合には、保険会社はご契約または特約を解除することはできません。ただし、生命保険募集人のこうした行為がなかった場合でも、ご契約者または被保険者(保険をかける対象)が、当社が告知を求めた事項について、事実を告げなかったかまたは事実でないことを告げたと認められる場合には、保険会社はご契約または特約を解除することができます。

 ご契約を解除した場合には、たとえ保険金等をお支払いする事由が発生していても、これらをお支払いすることはできません。また、保険料のお払込みを免除する事由が発生していても、お払込みを免除することはできません(ただし、「保険金等のお支払事由または保険料のお払込み免除の事由の発生」と「解除の原因となった事実」との因果関係によっては、保険金等をお支払いまたは保険料のお払込みを免除することがあります)。この場合には、解約返戻金があればご契約者様にお支払いいたします。

 ※なお、上記のご契約を解除させていただく場合以外にも、例えば、「現在の医療水準では治癒が困難または死亡危険の極めて高い疾患の既往症(過去においてかかったことのある病気)・現症等について故意に告知をされなかった場合」等、告知義務違反の内容が特に重大な場合、詐欺による取消を理由として、保険金等をお支払いできないことがあります。この場合、保険金期間の始期(復活の場合は最終の復活日)からの年数は問いません(告知義務違反による解除の対象外となる2年経過後にも取消となることがあります)。また、すでにお払込みいただいた保険料は返金されませんので注意が必要です。

ご注意
ここでご紹介させていただく内容は、あくまで一般的なケースとなります。各保険会社や各商品によって条件や内容が異なることがございます。詳細につきましては各保険会社やご担当者様、顧問税理士にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。