終身がん保険の保険金・給付金等をお支払いできない場合について教えて下さい

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

終身がん保険の保険金・給付金等をお支払いできない場合について教えて下さい

節税保険導入事例,節税

下記のような場合には、終身がん保険の保険金・給付金等が保険会社よりお支払いできない場合があります。

責任開始日の前日以前にがんと診断確定されていたとき

お支払事由に該当しない場合(良性新生物等、がん以外の疾病)

告知義務違反による解除の場合

重大事由による解除の場合


 次のような事由に該当し、保険会社がご契約を解除した場合、その該当した事由の発生時以後に保険金等のお支払い事由または保険料のお払込みの免除事由が生じていても、保険会社は保険金等のお支払いまたは保険料のお払込みの免除を行いません。また、すでに保険金等をお支払いしていたときでも、その返還を請求することが可能となります。またすでに保険料のお支払いを免除していたときは、お払込みを免除した保険料のお払込みがなかったものとみなします。

1. ご契約者、被保険者または死亡保険金受取人がこの契約の保険金等(保険料の払込免除を含みます。以下1、2、3において同じ)を詐取する目的もしくは他人にこの契約の保険金等を詐取させる目的で事故招致(未遂を含みます)をした場合
 
2. この契約の保険金等のご請求に関し、保険金等の受取人に詐取行為(未遂を含みます)があった場合

3. この契約に付加されている特約もしくは他の契約が重大事由によって解除され、またはご契約者、被保険者または死亡保険金受取人が他の保険者との間で締結した保険契約もしくは共済契約が重大事由により解除される等により、保険会社のご契約者、被保険者または死亡保険金受取人に対する信頼を損ない、この継続することを期待しえない上記①、②の事由と同等の事由がある場合

不法取得目的による無効の場合

 ご契約者が保険金等を不法に取得する目的または他人に保険金等を不法に取得させる目的でご契約を締結または復活されたときは、ご契約は無効となります。この場合には、お払込みいただいた保険料は払い戻しされません。

詐取による取消の場合

 ご契約者または被保険者の詐取によりご契約を締結または復活されたときは、ご契約は取消されます。この場合にはお払込みいただいた保険料は払い戻しされません。

保険料のお払込みが行われず、ご契約が失効したとき

ご注意
ここでご紹介させていただく内容は、あくまで一般的なケースとなります。各保険会社や各商品によって条件や内容が異なることがございます。詳細につきましては各保険会社やご担当者様、顧問税理士にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。