終身がん保険から新たな保険契約への乗り換え(現在契約中の保険契約の解約を検討されている場合)は?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

終身がん保険から新たな保険契約への乗り換え(現在契約中の保険契約の解約を検討されている場合)は?

節税保険導入事例,節税

現在ご加入されている保険契約を解約・減額して、新たな保険契約にご加入されるときには、一般的に次のような場合、ご契約者にとって不利益となることがあります。注意が必要です。

 多くの場合、解約返戻金は、払込保険料の合計額より少ない金額となります。特にご契約後短期間で解約されたときの払戻金は、まったくないか、あってもごくわずかです。

 解約・減額された場合は、一定期間のご契約継続を条件に発生する配当の請求権等を失うことになる場合があります。

 保険料の基礎となる予定利率・予定死亡率等は、解約・減額されるご契約と新たなご契約とでは異なる場合があります。

 現在ご加入されている保険契約を解約された場合、新たな保険契約のお取扱いにかかわらず、いったん解約されたご契約は元に戻すことはできません。

ご注意
ここでご紹介させていただく内容は、あくまで一般的なケースとなります。各保険会社や各商品によって条件や内容が異なることがございます。詳細につきましては各保険会社やご担当者様、顧問税理士にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。