相続税対策の王道を教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

相続税対策の王道を教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

一般的には2つの方法が考えられていますが、 実は法人保険を活用した更に効果的な3つ目の方法が存在します。

 相続税対策の王道としては一般的に2つの方法がよく知られています。

1. 法人の業績が悪化したタイミングで一気に後継者に株式を集める

 1つは法人の業績が悪化したタイミングで一気に後継者に株式を集める方法です。これは、株式評価額が法人の利益額や純資産額を基礎として算出されることを上手く活用する手法です。一般的に、株価が低いタイミングを狙って社長が持っている株式を後継者に譲渡することや、親類が保有している株式を買い集めるといった方法がとられます。

2. 役員報酬を高額に設定し、しっかりと個人資産として貯蓄しておく

 2つ目は経営者が役員報酬を高額に設定し、その報酬をしっかりと個人資産として貯蓄しておく方法です。個人が貯蓄した資産を納税資金に充てることで、後継者への株式集中を進めることができますし、後継者以外の子供に分け与える財産としても活用することができます。

 相続税対策の王道として知られるこれら2つの方法ですが、一方でどちらの方法も時間と余計なコストがかかります。時間でいえば、事業承継に詳しい専門家は「後継者を信頼してもらい、株主を説得しながら寄せ集める場合でも最低5年以上かかる」といいます。また、後者の方法を利用した場合、経営者が受け取る役員報酬のうち、年収1,200万円(課税所得で900万円)以上には所得税・住民税で43%の税コスト、年収2,000万円(課税所得で1,800万円)以上を超える部分には50%以上の税コストがかかりますので、効率良く個人資産を貯めていくことはできません。

 では、いったいどのような方法で相続税対策をすすめていけばよいでしょうか。実は、ここで法人保険を活用した3つ目の手法が登場します。

3. 事業承継、自社株対策用の法人保険を活用する。

 法人の節税対策に活用される保険商品には法人契約でスタートし、保険料を損金として落としながら、数年後(3~4年後)の予定した時期に、法人で貯めた解約返戻金を退職することなく、直接役員や社員に支給することが可能な商品がございます。

 受け取る個人は退職する必要はありません。もちろん役職を変更したり、報酬を半減させる必要もありません。さらに税制面の優遇措置があるため、非常に低い税率で大きな所得(個人資産)を形成していくことができるのです。保険契約者を法人、次期後継者を保険対象者(被保険者)として、後継者が効率良く自社株の買取資金を準備していくことが可能になります。

 お客様のご要望に応じて様々なお見積り・プランを作成することが可能です。どうぞお気軽にご相談頂ければと存じます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。