益金不算入額の計算方法について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

益金不算入額の計算方法について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

受取配当等の益金不算入額は、以下の算式により計算した金額の合計額となります。

有価証券の種類 益金不算入となる金額
連結法人株式等(注1) 配当等の額(全額)
関係法人株式等(注2) 配当等の額-関係法人株式等に係る控除負債利子
上記のいずれにも該当しない株式等
(その他の株式等)
(配当等の額-その他の株式等に係る控除利子負債等)× 50%

(注1)連結納税制度を適用している連結グループ内の他の内国法人の株式又は出資のうち一定の要件を満たすものをいいます。
(注2)連結法人株式等に該当するものを除く次のものをいいます。

 ①他の内国法人の発行株式又は出資(他の内国法人が有する自己株式は出資を除く。)の総数又は総額の25%以上を、その配当等の支払に係る効力が生じる日(その配当等の額がみなし配当等である場合には効力が生じる日の前日)以前6ヶ月以上(他の内国法人がその効力が生じる日以前6ヶ月以内に設立された法人である場合には、その設立の日から効力が生じる日まで)引き続き有している場合におけるその株式

 なお、その株式又は出資を適格合併等により移転を受けた場合には、被合併法人等が有していた期間を含めて6ヶ月以上引き続き有しているかどうかを判定します。

 ②株式移転完全親法人であった法人が、その株式移転に係る株式移転完全子法人であった他の内国法人の発行済株式(他の内国法人が有する自己株式を除く。)の総数の25%以上を、その株式移転による法人の設立の日から同日以後最初にその株式に係る剰余金の配当の額の支払に係る効力が生じる日まで引き続き有している場合におけるその株式(①に該当するものを除く。)

 なお、受取配当等の益金不算入の取り扱いは、原則として確定申告書に益金の額に算入されない配当等の額およびその計算に関する明細の記載がある場合に限り適用されます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。