癌を切除し1週間ほどで退院しました。加入中の終身がん保険の給付金について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

癌を切除し1週間ほどで退院しました。加入中の終身がん保険の給付金について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

毎々お世話になります。私事ですがS字結腸癌を被患し、先週、都内にて腹腔鏡手術を受け切除いたしました。その後、1週間ほどで退院いたしました。私名義でA生命の終身がん保険に加入しておりますが、その給付金についてお尋ねいたします。契約書概要の給付内容欄にがん入院給付金、手術給付金、診断給付金との記載がありますが対象となるでしょうか。対象となるのであれば請求方法についてお教え願います。

入院日 2010年3月12日
手術日 2010年3月13日
退院日 2010年3月19日 (入院先 都内病院 大腸外科)

節税保険導入事例,節税

実際に診断書等を提出してから金額が確定しますが、給付金については以下の通りです。

 退院おめでとうございます。その後お体の調子はいかがでしょうか。
 決算直前の節税対策としてよく活用されるのが法人向けがん保険です。法人向けがん保険は、支払った保険料のうち半分を損金とすることができます。若い方を被保険者(保険の対象)とする場合には非常に高い解約返戻率を設定することができますし、解約返戻率は、長期平準定期保険のように下がることなくゆったりと上がっていきますので、中~長期的な退職金積み立てには非常に効果的です。
 ご質問いただきました終身がん保険の給付金に関して、必要書類は早急に保険会社より送付させていただきます。なお、給付内容については以下のとおり、保険会社に確認いたしました。実際に診断書等を提出してから金額が確定となりますが、ご参考にして頂ければ幸いです。


  • ガン入院給付金=入院日数×3万円(例:7日間だと21万円)
  • ガン手術給付金=60万円
  • ガン診断給付金=300万円(※上皮内新生物だと半額)

 上記の場合、合計で381万円(予想)が給付されることになります。

 節税対策に活用される法人向けがん保険には、様々な給付内容が存在します。上記はあくまで一例です。実際に入院・手術給付金の請求を行う場合は、加入中の各保険会社にカスタマーサービスを通じて請求手続きをすすめることもできますし、加入した保険代理店に直接問い合わせをすることで、窓口一つで全ての手続きをすすめることも可能です。ご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお問合わせ・ご相談を頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。