法人契約の終身ガン保険、9月決算で9月契約です。損金計上時期は?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

法人契約の終身ガン保険、9月決算で9月契約です。損金計上時期は?

節税保険導入事例,節税

下記の条件が揃っていれば9月末の決算に損金算入することができます。

 ご質問いただきました9月決算のお客様の場合、原則として下記の条件を満たしていれば今期末(9月末)に損金算入することができます。

  • 保険料の払い込み方法を年払いで契約している
  • 9月末までに年払い保険料の支払いを完了している
  • 9月契約(9月の日付の保険証券)である

 法人保険コラム「生命保険料の短期前払費用の概念(仕組み)について教えて下さい。」の中でもご紹介させて頂きましたが、決算直前であっても“短期前払費用の特例”という税務ルールにより、前払いした向こう1年間分の保険料を当期の損金に算入することができます。決算末まで数日しかない場合でも法人保険は期末ギリギリの節税対策ができます。

 なお、9月契約であったとしても、支払い猶予期間(年払で支払う保険料には毎年の契約日から2ヶ月間ほどの支払い猶予期間があります)を利用し、決算をまたいで保険料を支払った場合には、当月の決算に未払いで損金計上することはできませんので注意が必要です。

 法人がん保険は2012年4月27日に税制改正がありました。契約日が2012年4月26日以前か2012年4月27日以後かで損金算入割合が異なりますのでご注意下さい。ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。