法人契約の終身がん保険のクーリング・オフ制度について教えて下さい

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

法人契約の終身がん保険のクーリング・オフ制度について教えて下さい

節税保険導入事例,節税

以下に該当する場合は、クーリング・オフ制度が適用となりませんので注意が必要です。

  1. 終身がん保険のご契約者様が法人の場合
  2. 保険会社が指定する医師による診査を受けた後

 上記の場合は、ご契約のお申込みの撤回や保険契約の解除はできません。終身がん保険の契約に際して、医師による健康診査はございませんので(書面告知のみ)、2を心配する必要はございません。しかし、1はほとんど全ての終身がん保険契約にあてはまる条件ですので、ご理解いただく必要がございます。

クーリング・オフ制度とは?

 申込者またはご契約者は、ご契約の申込日からその日を含めて8日以内であれば、書面によりお申込みの撤回または保険契約の解除をすることができます。この場合、お払込みいただいた金額をお返しいたします。

 節税対策に活用する終身がん保険は、ほとんどの場合が法人契約です。よって、節税に活用される終身がん保険はほぼ全ての契約においてクーリング・オフ制度が適用にならないと考えて下さい。クーリング・オフ制度が適用になりませんので、第1回目保険料が払い込まれた後に保険契約をキャンセルしようと思えば、1年目の非常に低い解約返戻率での解約扱いとなってしまいます。注意が必要です。

ご注意
ここでご紹介させていただく内容は、あくまで一般的なケースとなります。各保険会社や各商品によって条件や内容が異なることがございます。詳細につきましては各保険会社やご担当者様、顧問税理士にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。