法人ガン保険のガン給付金、受取人は誰になりますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

法人ガン保険のガン給付金、受取人は誰になりますか?

節税保険導入事例,節税

原則として、給付金の受取人は全て法人です。

 法人向けがん保険は、入院給付金や診断給付金、死亡保険金などの受取人は全て法人となります。これらの給付金はいったん法人に支払われ、その後、法人から被保険者(保険の対象者)や遺族へ支払われます。

 なお、法人に支払われる給付金は全て営業外での利益(雑収入)となります。見舞金による損金処理などの利益対策が必要となりますので、弔慰金や見舞金の規定といった“保険金を法人というハコから個人に支給する仕組み”を予め契約時に整えておくことをおすすめいたします。

 見舞金(損金)として個人に支給できる額には明確な基準はございません。顧問税理士や保険担当者とよくご相談のうえこれらの金額を決定することをおすすめいたします。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。