法人の役員と一人医師医療法人について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

法人の役員と一人医師医療法人について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

法人の役員と一人医師医療法人については以下のとおりです。

1.役員

 医療法人は、医療法の規定によって、原則として理事3名以上および監事1名以上の役員を置かなければならないこととなっています。

 なお、医師または歯科医師が常時1名または2名勤務する診療所を1ヵ所のみ開設する医療法人の場合には、都道府県知事の認可を受けることで、理事は1名または2名でも可能とされています。ただ、実際問題、最低2名以上の理事がいないと認可されないことが多くあります。なお、この場合は、社員は3名以上と設定しなければなりません。これが、一般的に一人医師医療法人とよばれるものにあたります。一人医師医療法人と通常の医療法人の違いは、上記以外ほとんどありません。ですから、一人医療法人と通常の医療法人とを同様のものと考えても問題ありません。

 役員には欠格事由があり、以下の事項に該当する者は選任することができないとされていますので、注意が必要です。

  • 成年被後見人または被保佐人
  • 医療法、医師法、歯科医師方その他医事に関する法令の規定により罰金以上の刑に処せられ、その執行を終了し、または執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過していない者
  • 禁固以上の刑に処せられて、その執行を終了し、また執行を受けることがなくなくまでの者

2.理事長

 理事長は、医療法人の代表権を有し、法人の業務を総理(事務を統一して管理すること)します。医療法の規定により、原則として理事長は、意思または歯科医師である理事の中から選出しなければならないこととされています。

3.管理者たる理事

 医療法の規定により、医療法人は開設するすべての病院、診療所または老人保険施設の管理者を理事に加えなければならないこととされています。ですから、院長は原則として、必ず理事となることになります。

4.監事

 医療法の規定により、監事は、理事または医療法人の職員を兼任することはできません。また社員であることはできますが、出資金等の拠出はしないように指導されています。

5.理事の補充

 医療法の規定により、理事のうち、定数の5分の1を超えるものが欠員した場合には、1ヶ月以内に補充しなければならないきまりとなっています。もちろん、5分の1に該当しない場合であっても、理事に欠員が出た場合には、速やかに補充しなければなりません。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。