法人がん保険は診断給付金の受取人だけを個人に変更することができますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

法人がん保険は診断給付金の受取人だけを個人に変更することができますか?

節税保険導入事例,節税

診断給付金の受取人だけを個人に変更することはできません。

 法人の節税対策に活用されることの多い保険商品に、法人向けがん保険があります。2012年4月27日の税制改正前までは、支払った保険料を全額損金とすることができました。このため、現在でも非常に多くの法人様にご利用いただいております(2012年4月27日以後も、若い男性を中心に高い解約返戻率を設定できるため、半分損金の商品としても非常に魅力的です)。

 法人向けのがん保険には、保険会社によって非常に高額ながん診断給付金(はじめてガンと診断された時に支払われる給付金)がついている商品があります。がんと医師に診断されるだけで600万円~1,800万円もの一時金が契約者である法人に支払われます。

 この一時金(診断給付金)の受取人は原則として契約者である法人となります。ご質問を頂きました“診断給付金だけを個人に変更する”ということは、できません。なお、法人に支払われる給付金は全て利益(雑収入)となりますので、見舞金による損金処理などの利益対策が必要となります。 

 どうしても診断給付金の受取人を変更したい場合は、契約者ごと変更するという方法がございます。この場合、解約時の払い戻し相当額で契約者変更する必要があります。また、当然ですが保険料の損金算入も翌年以降なくなってしまいますので注意が必要です。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。