法人がん保険には先進医療特約はついていますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

法人がん保険には先進医療特約はついていますか?

節税保険導入事例,節税

原則として、法人契約のがん保険には先進医療特約はつきません。

 「先進医療」とは、厚生労働省により承認された高度な医療技術のことです。平成24年7月1日時点で、平成24年7月1日現在で63種類(第3項先進医療技術として規定されている38種類を除く)の先進医療について、当該技術の施設の要件が設定されています。この先進医療に対して「1,000万円を限度として保障します」というようなCMを見かけた方も多いのではないでしょうか?

 節税対策や退職金積み立てに活用されることの多い法人向けがん保険ですが、解約返戻率が高く設定できる商品の場合、先進医療特約はつきません。先進医療特約自体、その存在価値をまず確認するべきですが、どうしても先進医療特約が欲しいという場合は、法人保険コラム「法人でおすすめの保険について教えて下さい。 」でご紹介している通り、節税のための保険と、保障のための保険は区別することをおすすめします。節税と保障の両方を一つの商品に一度にもとめてしまうと、保険会社しか儲からない商品になりがちです。

 保障が欲しい場合は掛け捨てで非常に安価な保険があります。先進医療特約が欲しい場合は掛け捨てタイプの安価な保険で用意し、高い戻り率を設定できる節税用の保険商品と分けて商品選択することをおすすめします。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。