決算末近くで利益が出ます。含み資産を増やすには逓増定期保険で備えるのが最良の方法ですか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

決算末近くで利益が出ます。含み資産を増やすには逓増定期保険で備えるのが最良の方法ですか?

節税保険導入事例,節税

どの保険商品が適しているのかは、導入する法人様の考え方や状況によって異なります。

 含み資産を形成するためには、高い解約返戻率があるものが適しています。高い解約返戻率とともに、支払った保険料が全額損金算入できる保険や半分が損金となる保険も選択肢の一つになるでしょう。  全額損金算入できる保険としては、全額損金の無配当定期保険生活障害定期保険があります。また、半分損金算入できる保険種としては、逓増定期保険長期平準定期保険法人向けがん保険等があります。商品にはそれぞれ特徴があります。逓増定期保険が必ずしも最良の方法とは限りません。

 どの保険商品が一番適しているのかは、導入するそれぞれの会社の考え方や使い方や方針によって変わってきます。何のために保険を導入したいのかを頭の中で整理する必要があります。保険導入の目的や使い方などをお教えいただければ、そのニーズに合った保険導入の仕方をご案内させていただきますのでご安心下さい。

 よくある質問「会社の利益(益金)が出るので生命保険で節税を検討していますが?」の中で、節税対策に有効活用できる法人保険商品を、ご要望別・商品別にまとめさせていただきましたので、ご参考にして頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。