決算末までに定期保険を年払すると保険料を全額損金にできますか? 年払保険料の取扱いを教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

決算末までに定期保険を年払すると保険料を全額損金にできますか? 年払保険料の取扱いを教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

ご質問頂きました内容に関しては以下の通りです。

1. 短期前払費用について

 少し専門的なお話になってしまいますが、資産計上すべき前払費用(支払時点から向こう1年以内の費用のこと)の額であっても、1年以内に提供を受ける役務に係るものを支払った場合には、次のように、支払った日の属する事業年度の損金の額に算入することができることとされています(法基通2-2-14)。

(法基通2-2-14)短期の前払費用 国税庁ホームページより

 前払費用の額は当該事業年度の損金の額に算入されないのであるが、法人が前払費用の額でその支払った日から1年以内に提供を受ける役務に係るものを支払った場合において、その支払った額に相当する金額を継続してその支払った日の属する事業年度の損金の額に算入しているときは、これを認める。

 国税庁のホームページで紹介されているこの「短期の前払費用」に関する通達は、1年以内の短期間の前払費用について、期間対応による繰り延べ経理を行わずに、その払込時点で損金算入することを認めているものです。

継続的な取扱いが求められているので注意が必要です。
 法人税基本通達を解説した専門書には「本通達は、短期の前払費用について、課税上弊害が生じない範囲内で費用計上の基準を緩和し、支払ベースでの費用計上を認めることとするものである。したがって、この取扱いを悪用し、支払ベースにより一括損金算入することによって利益の繰延べ等を図ることがおよそ認められないことはいうまでもない。」とあります。注意が必要です。

2. 年払保険料の取扱いについて

 定期保険(死亡保険金受取人が法人の契約)に係る保険料を支払った場合には、支払った保険料の額は、期間の経過に応じて損金の額に算入することとされています。保険料を一度にまとめて支払った場合には、払い込んだ保険料の全額を資産(例:前払保険料)として計上したうえで、期間の経過に応じて損金に算入していくこととなります。

 年払された保険料に関しては、上記国税庁ホームページの「短期前払費用」の通達により、保険料を全額損金にしてよいと認められています。ただし、当初月払で支払っていた保険料を利益調整のためだけに1年分まとめて年払いをしたり、その後は払込方法を月払にしたりといったことを行う場合は、「明らかな利益調整をしている」・「短期前払費用の通達を悪用している」とみなされ、税務調査で指摘・否認されてしまうケースがございますので注意が必要です。前述のとおり、継続的な取扱いが求められています。

3. 年払で保険料を支払った場合の税務取扱い具体例について

例:3月末が決算期となる法人が全額損金の無配当定期保険に加入した場合を想定します。

1. 年払

決算前の3月に1年分1,000万円の年間保険料を払い込んだ場合、保険料全額を払込日の属する事業年度の損金に算入可能です。

払込日

借方 貸方
生命保険料(1年分)1,000万円 当座預金 1,000万円

2. 年払や半年払の保険料を数回分前払いする場合

 決算末の半年前(10月)に3年分(3,000万円)を払い込んだ場合には、短期前払費用の通達にある「1年以内に提供を受ける役務に係るものを支払った場合」に該当しません。よって、保険料払い込み日にいったん全額を前払保険料として計上した後、決算日に3月決算までの月数分を損金算入します。

払込日(10月)

借方 貸方
前払保険料(3年分)3,000万円 当座預金 3,000万円


決算日(3月)

借方 貸方
生命保険料 500万円 前払保険料(6ヶ月分)500万円

3. 前保険期間分の保険料を最初に全て払い込む場合

 決算末の半年前(10月)に3年分(3,000万円)を払い込んだ場合には、短期前払費用の通達にある「1年以内に提供を受ける役務に係るものを支払った場合」に該当しません。よって、保険料払い込み日にいったん全額を前払保険料として計上した後、決算日に3月決算までの月数分を損金算入します。

払込日(10月)

借方 貸方
前払保険料(10年分)10,000万円 当座預金 10,000万円


決算日(3月)

借方 貸方
生命保険料 500万円 前払保険料(6ヶ月分)500万円

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。