決算末の保険料、契約日は振込日ですか?申込書類を作成した日ですか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

決算末の保険料、契約日は振込日ですか?申込書類を作成した日ですか?

節税保険導入事例,節税

9月決算の法人で、保険の申込(書類の作成)は9月26日にしました。健康診査もその日に終了しています。ただ、保険料の振込みを失念していまして、10月2日の今日、保険料振り込みを予定しています。半分損金の保険です。この場合、9月末の決算に保険料の損金を入れることはできますか?決算末の保険料、契約日は振込日ですか?申込書類を作成した日ですか?

節税保険導入事例,節税

9月末の決算に損金算入することはできません。

 保険契約は、申込書類を作成した日付と保険料の振り込みがあった日の“いずれか遅い日付”が契約日となります。ご質問頂いた状況の場合、9月26日に申込書類の作成(申込書の日付も9月26日)となっていますが、保険料のお振込みが10月2日となっているため、保険の契約日(応当日とも呼びます)は10月2日となります。もちろん、保険証券も10月2日が契約日と印字されます。

 この場合、9月末に損金算入することはできませんし、将来的に税務調査が入った場合も10月の保険証券では損金算入を認められることはありませんので注意が必要です。

 なお、2回目以降の保険料払い込みの場合も、税務は実態をみますので、決算を過ぎてから支払った保険料に対しては短期前払費用の特例が適用になりません 。未払い計上をしても損金算入は否認されてしまう可能性がありますので注意が必要です。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。