株式併合について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

株式併合について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

株式併合については以下の通りです。

①株式併合は、株式管理コストの削減等を目的として行われます。
②株式併合時には会計上も税務上も処理はありません。

1.株式併合とは

 株式併合とは、株式を統合することによって発行済株式数を減らす行為をいいます。株式併合により管理する株式数が減少しますので株式管理コストの削減が見込まれます。その他、時価総額に比して発行済株式数が過大である場合、発行済株式数の適正化を図るために行われています。しかし、株式併合により従来の1株が端数として扱われ、株主としての権利を奪われる場合もあり、株主に重大な不利益をもたらす可能性があります。

2.発行会社の会計

 発行会社においては発行済株式が減少するのみであるため、会計上の処理はありません。

3.発行会社の税務

 税務も会計と同様に処理はありません。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。