株式を後継者社長に集めるために、どのような対策がありますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

株式を後継者社長に集めるために、どのような対策がありますか?

節税保険導入事例,節税

事業承継、自社株対策用の法人保険を活用する方法が効果的です。

 社員数10人以上300人未満の企業を経営する会長、社長を対象に行われたインターネット調査では、多くの経営者が下記のような対策を行なっていることがわかりました(有効回答数200)。

グラフ

 よくあるご質問「相続税対策の王道を教えて下さい。」の中でも紹介いたしましたが、アンケートの調査結果にある「法人の業績が悪化したタイミングで一気に後継者に株式を集める」は相続税対策の王道として一般的に用いられる手法です。 しかし、利益が出続けている法人や、株式評価額が下がらない法人ではこの手法を活用することはできません。

 また相続税対策の生命保険活用は、アンケート調査にあるような納税資金確保を目的とした方法のみが一般的に知られています。しかし、一般的に税理士や経営者に広く知られていない手法として、承継、自社株対策用を上手く活用して株式を後継者社長に集中させる方法がございます。 この法人保険は、通常、節税対策の法人保険として、法人の利益圧縮やオーナー経営者個人の節税に活用される保険ですが、事業承継、自社株対策にも非常に効果的に活用することができます。

 事業承継や株式承継でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談頂ければと存じます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。