未上場のオーナー企業の自己株式の活用方法と留意点について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

未上場のオーナー企業の自己株式の活用方法と留意点について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

自己株式の取得が原則自由化されたことで、未上場のオーナー企業の株主対策の一つとしても、例えば下記のような目的で活用することが考えられます。

  • 分散していた株式を、会社自身が買い取って、オーナー一族の議決権比率を高める。
  • 株式売却を希望している株主がいるが、買い取る人がいないため、会社自身が買い取る。
  • 株主が相続税等の納税資金とするために株式を売却する際に、会社自身が買い取る。

 ただし、実務上は、自己株式取得は、株主総会の決議等所定の手続きを踏む必要があります。その際に、自己株式取得の内容(1株当たりの買取金額を含む)が全株主に知れ渡ることになり、かつ、他の株主にも「株式の譲渡の申込み」等をする権利(売主追加請求権)があるため、注意が必要です。
 
 なお、会社法では、次の2つの場合には、売主追加請求権が排除されます。
①あらかじめ、売主追加請求権を排除する旨、定款で定めている場合
②公開会社でない株式会社が株主の相続人等から、相続等した株式を取得する場合
(ただし、当該相続人等が株主総会等で議決権を行使していない場合に限る。)

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。