有価証券の減損処理について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

有価証券の減損処理について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

有価証券は時価法又は原価法もしくは償却原価法により評価しますが、下記のケースにおいては法人税法上、評価損の損金算入が認められます。

有価証券について

①一定の事実が生じた場合において
②当該有価証券の評価換えをして損金経理によりその帳簿価額を減額したときは、
③その減額した金額のうち、当該有価証券の減額前の帳簿価額と事業年度末における時価との差額に達する範囲内の金額は、評価換えをした日の属する事業年度の所得の金額の計算上、損金の額に算入する。

上記①の「一定の事実」とは以下をさします。

A.上場有価証券等の価額が著しく低下したこと(ただし、企業支配株式等を除く)
B.Aに規定する有価証券以外の有価証券について、その有価証券を発行する法人の資産状態が著しく悪化したため、その価額が著しく低下したこと
C.Bまでに準ずる特別の事実

Aについて

 当該有価証券の事業年度末における時価が帳簿価額の概ね50%相当額を下回ることとなり、かつ、近い将来その価額の回復が見込まれない場合が該当します。この場合の時価は売買目的有価証券の評価方法である時価法によるそれぞれの時価をいいますが、該当する上場有価証券等を売買目的有価証券以外の保有区分としている場合には、当該事業年度終了の日以前1月間の当該市場価額の平均額によることもできます。

Bにある「資産状態が著しく悪化」には以下のようなケースが該当します。

・当該有価証券を取得して相当の期間を経過した後に、当該発行法人について破産手続開始の決定、再生手続開始の決定、更生手続開始の決定等の事実が生じた場合
・事業年度末における当該有価証券の発行法人の1株又は1口当たりの純資産価額が当該有価証券取得時の1株又は1口当たりの純資産価額に比して概ね50%以上下回った場合

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。