損金算入される役員給与について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

損金算入される役員給与について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

損金算入される役員給与については以下の通りです。

1.定期同額給与

 例えば、意事業年度内において月ごとに支給される役員給与が同額である場合、当該給与は定期同額給与として全額が損金に算入されます。また事業年度開始日から3ヶ月を経過する日までに開催された定時株主総会において役員給与が改定された場合や3ヶ月を経過した日後に業績が著しく悪化したことに伴い役員給与が減額改定された場合等一定の理由に基づく場合には、事業年度を通じて毎月の役員給与が同額でなくとも定期同額給与として全額が損金に算入されます。ただし、この場合には、給与改定前の期間内と給与改定後の期間内でそれぞれ月ごとに支給される役員給与の額が同額である必要があります。

2.事前確定届出給与

 例えば、特定の月のみに支給するいわゆる役員賞与については、事前(通常は、定時株主総会日から、1ヶ月以内)に一定の事項を記載した「事前確定届出給与に関する届出書を税務署に提出した場合には、当該給与は事前確定届出給与として全額が損金に算入されます。

3.利益連動給与

 同族会社に該当しない法人については、その期の利益の額を基礎として役員賞与の支給額を決定した場合でも、一定の要件を満たす場合には、当該給与は利益連動給与として全額が損金に算入されます。

利益連動給与が損金算入されるための要件の例示
  • 支給額の算定方法が、有価証券報告書に記載される当該事業年度の利益に関する指標を基礎とした客観的なものであること
  • 利益に関する指標の数字が確定した後1ヶ月以内に支払われ、または支払われる見込みであること
  • 損金処理していること

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。