損金算入されない役員給与について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

損金算入されない役員給与について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

損金算入されない役員給与については以下の通りです。

 損金算入される役員給与に示したいずれかに該当する役員給与は、原則として損金算入されますが、当該給与のうち不相当に高額な部分の金額や、事実の隠蔽又は仮装経理に伴い支給されるものについては、損金算入が認められません。

1.不相当に高額な過大役員給与の損金不算入

 不総督に高額な部分の金額は「形式基準」または「実質基準」により判定され、当該金額は過大役員給与として損金不算入となります。なお、両基準において過大役員給与が認識される場合は、いずれか大きい金額が過大役員給与とされます。


形式基準 実質基準
実際支給額 (a)役員に対する役員給与の支給額
基準額 (b)定款等で定めた役員給与の支給限度額

(c)役員の職務内容に照らして相当と認められる

役員給与の適正額

過大役員給与の算定 (a)-(b)=(d)過大役員給与 (a)-(c)=(e)過大役員給与

(d)又は(e)のいずれか大きい額を過大役員給与として損金不算入

2.事実の隠蔽又は仮装経理に伴い支給した役員給与の損金不算入

 事実を隠蔽し、又は仮装して経理することにより、役員に対して支給された給与の額は、損金不算入となります。例えば、売上100を簿外処理し、当該100を簿外で役員に支給していたとします。その後、税務調査で当該事実が発覚した場合には、計上漏れとなっていた売上および役員給与を追加計上することが想定されます。この際、売上100は当然益金として加算されますが、役員給与100については損金算入されないという取り扱いがなされます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。