損金性は無視で(低くてもいいので)解約返戻率が高い法人保険商品はありますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

損金性は無視で(低くてもいいので)解約返戻率が高い法人保険商品はありますか?

節税保険導入事例,節税

解約時に目減りせず、保険会社になるべくとられないような保険を検討しています。損金性は高いに越したことはありませんが、損金を高くして節税したいと言うより、損金性は無視で(低くてもいいので)、単純な解約返戻率をなるべく高く設定できるような法人保険商品を探しています。そんな商品はありますか?

節税保険導入事例,節税

損金性を低くすることにより、解約返戻率を高く設定できる法人保険がございます。

 逓増定期保険長期平準定期保険は、たいていの場合、支払った保険料は半分が損金に算入されます。これは加入年齢や保険期間の長さから計算された、独特の保険税務によるものです。ほとんど全ての逓増定期保険や長期平準定期保険は、支払った保険料が半分損金となりますが、一方で保険期間を長く設定し、損金算入額を低くすることにより、解約返戻率を高く設定できる保険商品がございます。

 例えば、保険期間を長く設定できる逓増定期保険の場合、以下のように支払い保険料のうち1/3を損金算入とする(損金率が落ちる)代わりに、ピーク時の解約返戻率を高く設定できる保険会社・保険商品がございます。この場合、加入時の年齢にもよりますが、単純な戻り率が数年で100パーセントを超える設計ができる場合がございます。

損金率を下げると解約返戻率が上がる逓増定期保険 40歳男性の事例

ピーク時期

(損金性)

5 年
(1/2損金)
5 年
(1/3損金)
9 年
(1/2損金)
9 年
(1/3損金)
14年
(1/2損金)
14年
(1/3損金)
年間保険料 679万円 1,066万円 626万円 1,021万円 541万円 659万円
1年目 64.3% 75.6% 58.2% 72.7% 51.7% 59.6%
2年目 82.6% 87.6% 78.0% 85.2% 74.5% 78.5%
3年目 89.2% 92.1% 85.1% 89.8% 82.5% 85.2%
4年目 92.8% 94.7% 88.9% 92.5% 86.8% 88.9%
5年目 95.3% 96.6% 91.5% 94.4% 89.7% 91.5%
6年目 94.9% 96.8% 93.5% 96.0% 91.9% 93.4%
7年目 93.8% 96.5% 95.1% 97.4% 93.6% 95.0%
8年目 91.5% 95.5% 96.6% 98.6% 95.1% 96.4%
9年目 87.8% 93.6% 97.8% 99.8% 96.4% 97.7%
10年目 84.6% 92.0% 97.8% 100.3% 97.7% 98.9%
11年目 81.7% 90.7% 96.9% 100.3% 98.5% 99.7%
12年目 78.9% 89.5% 94.8% 99.6% 99.2% 100.5%
13年目 76.3% 88.3% 90.8% 97.7% 100.0% 101.4%
14年目 73.7% 87.3% 87.0% 96.0% 100.9% 102.3%
 今回のご要望のように損金性(節税効果)よりも、大きな死亡保障と解約返戻金(退職金)積み立てを最優先課題とする場合、あえて損金性の低い1/3損金の法人保険商品を選択するのも効果的な保険活用手法と言えます。お客様のご年齢や保険期間などの条件により、最適な保険商品は異なります。条件やご要望を頂戴できましたら、各保険会社を比較して、より優位な保険加入に向けたサポートさせていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。