損益計算書の見るべきポイントについて教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

損益計算書の見るべきポイントについて教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

損益計算書の見るべきポイントについては以下のとおりです。

1.売上高

 会社の営業活動の規模を表すものであり、利益を獲得する源泉として会社の最も重要な収益です。

2.売上総利益

 売上総利益率(=売上総利益÷売上高)が、高いほど会社の商品やサービスの付加価値が高いといえます。

3.営業利益

 営業利益率(=営業利益÷売上高)が、高いほど主たる営業活動での利益の獲得効率が高いといえます。この営業利益率を高めるためには、付加価値の高い商品を取扱うとともに、できるだけ販売費及び一般管理費を抑えることが必要です。

4.経常利益

 経常利益率(=経常利益÷売上高)が、高いほど経営活動での利益の獲得効率が高いといえます。一般的に、株主資本比率が高い会社の場合、貸借対照表の負債が相対的に小さいことから支払利息等金融費用の負担が少なくなるため、経常利益率は高くなります。

5.特別利益と特別損失

 「特別利益」と「特別損失」は、共に臨時的な取引により多額に発生したものです。「特別利益」と「特別損失」には災害による損失等、その発生がやむを得ないものもありますが、過去に行った投資の失敗や管理体制の甘さ等から生じる場合があるため、その発生内容に注意する必要があります。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。