控除負債利子について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

控除負債利子について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

受取配当等の益金不算入額の計算上、その事業年度に支払う負債の利子がある場合は、受取配当等の金額から当該負債の利子の金額のうち一定の計算方法により算出した額(控除負債利子)を控除します。

1.受取配当等から控除される利子の範囲

 税務上、控除負債利子の対象となる支払利子には、通常の支払利子だけでなく手形の割引料等その性格が利子的なものも含まれます。

2.控除負債利子の計算方法

 控除負債利子の計算方法には、①当事業年度の支払利子の金額に総資産に占める株式等の割合を乗じて計算する「原則法」と、②当事業年度の支払利子の金額に、基準事業年度の支払利子の合計額に占める①の方法により計算した基準年度の控除負債利子の合計額の割合を乗じて計算する「簡便法」の2つがあります。
 なお、計算方法について継続適用の定めはなく、事業年度ごとにいずれか有利となる方法を選択することができます。

「原則法による算出式」

控除負債利子 = 当期の支払利子(注1)×(前期末・当期末の株式等(注2)の帳簿価額の合計額/前期末・当期末の総資産の帳簿価額の合計額)

(注1) 連結法人に支払う負債利子は除きます。
(注2) 関係法人株式等とその他の株式等に分けてそれぞれ計算します。なお、この場合(控除負債利子を計算する場合)の関係法人株式等に該当するか否かについては、当該事業年度終了の日以前6月以上(他の内国法人が当該事業年度終了の日以前6月以内に設立された法人である場合には、その設立の日から当該事業年度終了の日まで、株式移転の場合はその株式移転による法人の設立の日から当該事業年度終了の日まで)引き続き保有していたか否かで判定しますので、「益金不算入額の計算方法」に示した関係法人株式等の判定要件とは保険期間の概念が異なります。

「簡便法による算出式」

関係法人株式等にかかる控除負債利子

控除負債利子 = 当期の支払利子の合計額×(基準年度の原則法により計算した関係法人株式等にかかる控除負債利子の合計額/基準年度の支払利子の合計額)

その他の株式等にかかる控除負債利子

控除負債利子 = 当期の支払利子の合計額×(基準年度の原則法により計算したその他の株式等にかかる控除負債利子の合計額/基準年度の支払利子の合計額)

(注) なお、基準年度とは、平成22年4月1日から平成24年3月31日までの間に開始した各事業年度をいいます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号