役員退職金の支給と保険契約の活用について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

役員退職金の支給と保険契約の活用について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

役員退職金の支給と保険契約の活用については以下の通りです。

役員の退職により生ずる問題と保険契約の効果

 役員の退職時、会社では退職金の支給等に関連して資金面等で問題が生じます。これに対し、役員を被保険者とし会社を保険金受取人とするような一定の保険契約を活用した場合、これらの問題を緩和する効果も期待できます。

役員の退職が会社に及ぼす影響 保険の活用により期待される効果
資金面
の問題
役員に対する退職金の支給財源として
多額の資金が必要
保険金・解約返戻金の受け取りにより、
資金を確保又は、当該保険契約を退職金として現物支給
業績面
の問題
多額の退職金費用が計上されるため
業績が一時的に悪化
保険金・解約返戻金の受け取りに伴う収益計上により、
業績悪化を回避
死亡退職時
の問題
死亡退職の場合、
会社の経営維持や役員遺族への保障が必要
死亡保険金の受け取りにより、
借入金返済や死亡役員退職金として遺族保障が可能

 なお、保険の種類によっては、上記以外の効果が期待できる契約もあります。

保険の例 期待しうる効果
課税繰延効果 逓増定期保険法人がん保険
長期平準定期保険養老保険
支払保険料の全額又は一部を
支払時に損金算入可能
資産運用効果 個人年金保険 運用期間中の運用益が非課税

 例えば、逓増定期保険を活用した場合、保険期間の経過に伴い多額の死亡保険金を受け取れる他、契約内容や解約時期によっては勇退退職時に多額の解約返戻金を受け取ることができます。役員の退職に際し、役員退職金を支給した場合、当該保険に加入していたか否かにより相違が生ずることが想定されます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号