役員等の退職金の課税方法の見直しとは?|平成23年度税制改正

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

役員等の退職金の課税方法の見直しとは?|平成23年度税制改正

節税保険導入事例,節税

役員等の退職金の課税方法の見直しに関しては以下の通りです。

 その年中の退職手当等のうち、法人役員等(役員等としての勤続年数が5年以下の人に限る)が支払を受ける役員退職手当等に係る退職所得の課税方法について、退職所得控除枠を控除した残額の2分の1とする措置が廃止されます。また、退職所得に係る個人住民税の10%税額控除は廃止されます。

(適用)
 平成24年分以後の所得税について適用されます。個人住民税は、平成24年1月1日以後に支払われるべき退職手当等について適用されます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。