少額でもできる逓増定期保険はありますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

少額でもできる逓増定期保険はありますか?

節税保険導入事例,節税

逓増定期保険について色々と調べていますが、どのホームページや資料を見ても、かなり大きな保険料や保険金額の逓増定期保険ばかりです。少額でもできる逓増定期保険はありますか?

節税保険導入事例,節税

少額でもご活用頂ける逓増定期保険がございます。

 逓増定期保険は、その商品性質上、非常に大きな保険料や保険金額を設定することができます。ひとつの保険会社で一商品あたり1億円までの死亡保障額でスタートすることができ、その後期間の経過に応じて保険金額が5倍(5億円)まで逓増して(だんだん増えて)いくのが一般的です。契約スタート時の死亡保障額は1億円を上限として保険の設計をすることができますが、設定可能な最低死亡保障額はたいていの場合3,000万円ほど(最大保険金額の3割程度)です。

 50歳男性で解約返戻率ピークまでの期間を短く設定した場合、1億円の死亡保障額に対して年間保険料はおよそ900万円ですから、3,000万円の死亡保障額を設定すると、保険料は単純に3割程度(年間保険料270万円)ほどになります。

 ただし、保険会社の中には、設定可能な最低死亡保障額が500万円(最大保険金額の5%)程度の低い保険金額から設定できる商品もございます。法人保険コラム「法人退職金保険でおすすめはなんですか?」の中でもご紹介していますが、10年未満の短期間で退職金積み立てを行う場合、長期平準定期保険よりも、同額の保険料で逓増定期保険をご活用頂くほうが、解約返戻率が高く設定できる場合がございます。この場合は、最低死亡保障額が少額から設定可能な逓増定期保険も併せて比較・検討されることをおすすめいたします。

 保険会社の中には、低い死亡保障額を設定した場合でも、高額な保険金額の場合とさほど変わらない高い解約返戻率を維持できる商品もございます。また、死亡保障額が1,500万円を下回る場合、健康診断が不要になり、書面での告知のみでご加入いただける場合もございます。お見積もりを希望される方は、どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。