定期健康診断の結果を提出することで長期平準定期保険の健康診断を省略できますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

定期健康診断の結果を提出することで長期平準定期保険の健康診断を省略できますか?

節税保険導入事例,節税

一定期間内の診断結果があれば、 ほとんどの場合、保険の健康診査を省略することができます。

 法人の退職金積立や節税対策によく活用される長期平準定期保険ですが、大きな死亡保障額を設定する場合は、長期平準定期保険に限らず、ほとんど全ての死亡保障がつく法人保険で保険会社所定の健康診査(健康診断)が必要です。ただし、定期健康診断や人間ドックを行なっている法人様(あるいは経営者様)の場合、13ヶ月~14カ月以内の健診結果を提出することで保険の健康診断を省略することができます。これにより決算間際で、あまり時間がとれないという経営者様にも大きな死亡保障がついた法人保険商品をご利用いただくことが可能です。

 保険会社の中には3億円を超えるような大きな保障を一度に設定する場合は、期間内の健診結果だけでなく、保険会社所定の健康診断が必要となる場合がございます。各保険会社や各法人保険商品の詳細につきましては、どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。