定期保険について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

定期保険について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

定期保険については以下の通りです。

 ①法人契約(保険料負担者:法人、以下同じ)における定期保険の保険料は、死亡保険金の受取人によって法人税の取り扱いが変わります。死亡保険金受取人が法人である場合には「支払保険料」、被保険者(役員・従業員等)の遺族である場合には「福利厚生費」または「給与」とします。②法人が配当や死亡保険金を受取った場合には、当該金額を雑収入として計上します。

1.定期保険とは

 「定期保険」とは、一定期間内に被保険者が死亡等した場合に保険金が支払われるもので、満期保険金はありません。従って掛捨て保険と呼ばれます。

2.定期の保険料の税務取り扱い

 法人契約の支払保険料の法人税取り扱いは、死亡保険金受取人が法人であるか被保険者(役員・従業員等)の遺族であるかによって異なります。

①死亡保険金受取人が法人である場合

A.契約形態
 契約者:法人 被保険者:役員・従業員等 死亡保険金受取人:法人
B.経理処理
 法人が死亡保険金を受け取るか否かが確定していないため、支払保険料は期間の経過に応じて損金になります。
 (借方)支払保険料 / (貸方)現金預金

②死亡保険金受取人が被保険者の遺族である場合

A.契約形態
 契約者:法人 被保険者:役員・従業員等 死亡保険金受取人:被保険者の遺族
B.経理処理
 (借方)福利厚生費※ / (貸方)現金預金
※ 遺族が死亡保険金の受取人であるため、支払保険料は期間の経過に応じて福利厚生費として損金になりますが、役員・部課長等の特定の者についてだけを保険対象とする場合には、その者に対する給与として取り扱われます。

3.定期保険の保険配当金の税務取り扱い

 法人が受取る配当金は、その通知を受けた日の属する事業年度に全額雑収入として計上します。
 (借方)現金預金(又は配当積立金) / (貸方)雑収入

4.定期保険の死亡保険金の税務取り扱い

 法人が受取る死亡保険金は全額雑収入として計上します(保険料が全額損金算入され配当積立金もない場合)。
 (借方)現金預金 / (貸方)雑収入
 遺族が受取った場合には、法人の経理処理はありません。

定期保険の保険料月払と年払

 定期保険の保険料は、期間の経過に応じて損金算入します。
 月払の場合には問題になりませんが、事業年度の途中に保険に加入して、保険料を半年払や年払とした場合には、原則として期間が経過していない分は前払費用として資産計上しなければなりません。ただし、「支払った日から1年以内に役務の提供を受ける短期前払費用」については、特例として、毎年の継続処理を前提として支払った日の属する事業年度の損金に計上できることとされています。従って、毎期年払いによるならば、契約時に支払う最初の年払い保険料は原則として当該事業年度の損金となります。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。