宗教法人法の改正|所轄庁の報告徴収・質問権について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

宗教法人法の改正|所轄庁の報告徴収・質問権について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

所轄庁は、以下の1から3の事由に該当する疑いがあるときは、証明書携帯のうえ宗教法人の同意を得て、宗教法人審議会の意見を聴いたうえで、当該宗教法人に対して報告・質問をすることができるようになりました。

  1. 収益事業について宗教法人のため使用していないこと
  2. 規則の認証等が宗教団体の要件を欠いていたこと
  3. 解散事由に該当する疑いがあること

 なお、報告をしなかったり、答弁をしなかったような場合には、代表役員等に対して1万円以下の過料が課されます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。