完全子法人から受ける配当等にかかる益金不算入額の見直しについて教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

完全子法人から受ける配当等にかかる益金不算入額の見直しについて教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

完全子法人から受ける配当等にかかる益金不算入額の見直しについては以下の通りです。

 従来、完全子法人(注)から配当等を受取った場合、受取配当等の全額が益金不算入となるわけではなく、負債利子に対応する部分は益金に算入する必要がありました。そのため、子会社から親会社へ資金を移転したいと考えた場合に、配当等により資金の移転を行うと、手取り資金が目減りしてしまいました。

 そこで平成22年度税制改正により、平成22年4月1日以後開始事業年度において完全子法人から配当等を受取った場合には、受取配当等の金額から負債利子額を控除せず、その全額が益金不算入となりました。この結果、受取配当等のうち負債利子に対応する部分が益金に算入されず、手取り資金を目減りせずに配当等により子会社から親会社に資金を移転することができるようになりました。

(注) 完全子法人とは、配当等の額の計算期間を通じて内国法人との間に完全支配関係があった他の内国法人(公益法人等および人格のない社団は除く。)をいいます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。