契約貸付を受けたり、元利合計を返済した場合には、どのような経理処理を行うのでしょうか。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

契約貸付を受けたり、元利合計を返済した場合には、どのような経理処理を行うのでしょうか。

節税保険導入事例,節税

法人契約において、契約貸付により借入を受けた場合には、次の経理処理を行います。

1. 契約貸付を受けたとき

例:100万円の借入を受けたときには、次の仕訳となります。

借方 貸方
当座預金  1,000,000円 保険借入金 1,000,000円

2. 契約貸付に係る借入金を返済したとき

例:借入金返済にあたり、利息10万円を加えて支払ったときには、次の仕訳となります。

借方 貸方
保険借入金 1,000,000円
支払利息 100,000円 
当座預金   1100,000円

3. 死亡、満期または解約があったとき

例:契約が消滅しますので、これまで資産に計上していた金額があれば、 それらをすべて取り崩しますが、そのときに保険借入金を精算します。死亡保険金を5,000万円、資産に計上していた保険料積立金が500万円、配当積立金が50万円としますと、次の仕訳となります。

借方 貸方
当座預金  48,900,000円
保険借入金  1,000,000円
支払利息  100,000円
保険料積立金 5,000,000円
配当金積立金 500,000円
雑収入 44500,000円 

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。