名義変更した保険の解約返戻金の扱いについて教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

名義変更した保険の解約返戻金の扱いについて教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

契約中の保険が帳簿上の金額より高い金額で名義変更されれば雑収入(利益計上)、帳簿上の金額より低い時価で名義変更されれば雑損失(損金計上)が発生します。

 逓増定期保険を活用した節税プラン退職金の一部として保険契約を現物支給する節税プランを利用すると“保険契約を法人契約から個人契約へ名義変更する”機会があります。この場合の解約返戻金の取り扱いですが、“名義変更時点で法人の帳簿上に計上されている保険の価値”と“現在の保険の時価”との差額を利益や損失として計上します。

 難しい表現になってしまいましたが、つまりは会社の金庫にしまってある保険証券の帳簿上の評価額と、現時点での保険時価を比較して差額を利益か損失として計上します。

A 帳簿上における保険の価値

 帳簿上における保険の価値とは、その名のとおり会社の帳簿上で評価されている保険契約の金額をさします。税制改正前の逓増定期保険や法人がん保険のような、支払った保険料を全額損金とする保険商品であれば、帳簿上の評価はゼロ円です。一方で、税制改正後の逓増定期保険長期平準定期保険法人向けがん保険の多くは支払った保険料のうち半分が損金、半分を資産計上としますので、これまでの支払い保険料累計の半額が資産計上され、そのまま帳簿上の保険評価額となっているはずです。これらが帳簿上に保険の価値です。

B 保険契約の時価

 保険契約は、“現時点で保険を解約した場合に支払われる金額(解約返戻金や未経過保険料などを含む)”が現在の価格(=時価)であると所得税基本通達で定められています。保険の評価額に関しては、よくあるご質問「逓増定期保険の名義変更や保険を退職金として現物支給する場合、評価額はいくらになりますか?」の中で詳しくご紹介しております。

名義変更をする際に上記のAとBの差額を雑収入(利益)か雑損失(損金)として営業外の収支で計上します。

  1. A > B 帳簿上の評価よりも時価が安い場合は差額が雑損失(損金)
  2. A < B 帳簿上の評価よりも時価が高い場合は差額が雑収入(利益)
  3. A = B 帳簿上の評価と時価が同じ場合は利益も損金も出ません

 全額損金系の保険商品は、たいていの場合2にあてはまります。法人の帳簿上でゼロ円評価だった保険商品が急に解約返戻金(とその他の払い戻し金)分の値段で名義変更されますので、雑収入(利益)計上する必要があります。逆に資産性が高く解約返戻金が低い商品は、思った以上に安い値段で名義変更されてしまいますので差額が雑損失(損金)として計上されます。

 後者の場合は解約返戻金額分が名義変更時に法人に戻りますが、経理処理としては雑損失として損金計上されます。ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。