同族会社の税金の概要について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

同族会社の税金の概要について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

税法では、三つ以下の株主グループ(※)により、会社の株式の50%超を実質的に所有されている会社を「同族会社」と呼び、税法上特別な取り扱いを設けています。

 多くの株主が存在する株式会社は、相互牽制効果により、経済合理性のある会社経営が行われると考えられます。一方、同族会社は、特定の株主の意向が会社経営に反映されやすいため、租税回避の目的として経済合理性のない行為が行われる可能性があると考えられています。

 そのため、同族会社に該当する場合には、同族会社等の行為計算の否認の規定の適用対象となり、更に同族会社に該当し、かつ、特定同族会社に該当する場合には、特定同族会社の留保金課税の規定の適用対象となります。特定同族会社とは、一つの株主グループ(※)により、会社の株式の50%超を実質的に所有されている会社をいいます。

※株主グループとは、次に掲げる者をグルーピングしたものをいいます。

  1. 株主の一人
  2. 1と特殊な関係にある個人(配偶者、6新等内の血族、3新等内の姻族等)
  3. 1および2により株式の50%超を実質的に保有されている会社

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。