半分損金の保険料に端数がある場合の経理処理や税務上の取扱いについて教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

半分損金の保険料に端数がある場合の経理処理や税務上の取扱いについて教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

損金計上部分、または資産計上部分に上乗せします。どちらにしなければいけないというルールはございません。

 法人の決算対策によく活用されるのが法人契約の保険です。逓増定期保険長期平準定期保険法人向けがん保険をはじめ、法人保険の主力商品のほとんどは、支払った保険料のうち半分を損金に算入することができます。保険料がきりの良い金額であれば問題ありませんが、保険料に端数がある場合の経理処理や税務上の取扱いはどのようになるでしょうか。

 よくあるご質問「加入時期がバラバラの逓増定期保険や長期平準定期保険に加入しています。定期保険の保険料取扱いを整理して説明してもらうことはできますか?」の中でもご紹介しておりますが、“半分を損金や資産に計上する場合、端数処理の取扱いについては明らかにされたものがありません。損金計上部分、または資産計上部分に上乗せします。どちらにしなければいけないというルールはございません”

 けっして大きな金額ではございませんが、法人のメリットを考えた場合は損金計上部分に上乗せしてしまうのが一般的です。何かご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。