医療法人設立時の本申請では必要書類は全て原本での提出が必要ですか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

医療法人設立時の本申請では必要書類は全て原本での提出が必要ですか?

節税保険導入事例,節税

原則として、特定の書類に関しては原本が必須となります。

 本申請の際には、申請書は最低でも二部を提出する必要があります。このうち一部は認可書が付いて戻ります。原則としては、この二部については原本が必須となります。その他に登記用などで申請書の控えを用意することかと思いますが、こちらは原本でなくコピーで問題ありません。

 都道府県によっては提出する二部に関しても、一部のみ原本であれば、もう一部はコピー可能な場合もあります(ただし原本証明を要するケースもあります)。

 おすすめとしては、可能な限り控えであろうと全て原本を添付することです。これは、申請書には1部につき膨大な箇所を押印する必要があり、必ずといっていいほどに押印漏れが発生するためです。仮に押印漏れがあったとしても、設立代表者であればすぐに対応可能ですが、その他の設立者である場合はそうともいきません。こういったケースを予想し、すべて原本をつけて提出用と同じものを控えとして用意しておくことで、提出用に押印漏れがあった場合でも対応が可能となります。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。